モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

初心者が細マッチョになるために目指すべき重量の目安

こんにちは、シトルリンです。

 

トレーニーなら誰しも筋肉を増やしたいですよね。

もちろん、細マッチョになりたい人、ボディビルダーになりたい人、スポーツに生かす身体作りをしたい人など、その目的やゴールは人それぞれだと思います。

ボディビルをする人だけがトレーニーではありません。

吐くまで追い込む人だけがトレーニーではありません。

皆さんそれぞれのゴールに向かってトレーニングを続けましょう。

 

そんな目標の一つとしてよく挙げられる「細マッチョ」があります。

特に初心者の方はここをまず目指されると思うのですが、一体何kgくらいの重量を扱うことができれば細マッチョになれるのか、私の経験的にお話します。

 

細マッチョになるために目指すべき重量は

ベンチプレス:(体重×1.3倍)kg×5rep

デッドリフト:(体重×2倍)kg×5rep

スクワット:(体重×1.5倍)kg×5rep

上記の重量および回数を体調に関係なく安定的に扱うことができれば、レベルとしては間違いなく初心者は脱していますし、細マッチョになれると思います。

 

MAX重量に関しては体調や食べたものなどに影響されやすいため、このような書き方としました。

 

またこれくらいの重量であれば脂肪を思いきり増やす覚悟の重量じゃなくても、

つまりリーンな増量でも比較的到達しやすい重量だと思います。

 

私はモテるための武器の一つとして身体を鍛えているのでなるべく脂肪は付けたくありません。

ですから増量期という増量期は作っておりません。

ですがこの重量は比較的楽に到達できましたし、この重量に到達したころには細マッチョと呼べるレベルには到達できたと思います。

 

ですが、今日一番大切なことを言います。

細マッチョを目指すから栄養はそこそこの量でいいというのは大きな間違いです!

細マッチョを目指したい人でもたんぱく質を体重の2倍摂ることは必ず意識してください。

細マッチョを目指して必死で努力しても、キチンと栄養が摂取されなければ結果として筋肉が細くなるということは往々にしてあります。

脂肪がべらぼうに付くほどの食事をしなくてもいいですが、栄養面にもぜひ目を向けてください。

 

 

ゆるい雑談記事になってしまいましたが、目標をどれくらいにすればいいのか分からない人はとりあえず参考にしてください。

シトルリンでした。