モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

減量中や筋肉に良いおやつを紹介します!

こんにちは、シトルリンです。

 

みなさん、おやつは好きですか?

ダイエット中でもお腹が空いてついつい間食しちゃいますよね。

もしくは増量中のトレーニーの方は増量中ってことに甘えて好き勝手食べていませんか?

 

でもそんなおやつも手玉にとってこちらが有効に使うことができれば、ダイエットの邪魔をせず、筋肉をつけるテクニックにもなりえます。

今日はおすすめのおやつを紹介していきます。

 

プロテイン

こちらは定番すぎてもはや説明はいらないでしょう。

一杯あたり15~20gのたんぱく質を摂取できるにも関わらず脂質や糖質は極めて低く作られています。

甘いものが飲みたくなったときにパックジュースを一本我慢してプロテインに代えるだけで、一ヵ月後の脂肪と筋肉の量が変わってくるでしょう。

 

ただし、プロテインは飲みものですので、消化が早く、飲んでもまたお腹が空くことがあります。

ですから、夕飯まで微妙な時間だけど固形物を食べるのはちょっと、、、というときなどに有効活用しましょう。

 

魚の缶詰

私がもっともおススメしたいおやつがサバ缶やサンマ缶などの魚の缶詰です。

魚の缶詰はたんぱく質含有量が非常に高く、なおかつ良質な脂質であるEPAやDHAが含まれています。しかも結構腹持ちがいいです。

魚の脂質は血液をさらさらにする作用や脳の働きを良くする、さらに美肌効果もありますので、1日一缶を目安に食べるのが理想的です。

 

魚の缶詰のデメリットとしては匂いがあるため食べられる場所が限定されるという点です。

また、品物によっては脂質が30gほど含まれるものもあり、いくら良質といえどおやつで摂る脂質量としては多すぎるということになりかねません。成分表示に注意しましょう。

 

ちなみに私が最高におススメしているのがこちらの製品です。なぜならタンパク質が30g弱も含まれるにも関わらず、脂質が17gしか入っていません。

味も比較的甘めの味付けでご飯無しでもおやつとして食べられます。

 

丸善 プロフィットささみプロテインバー

こちらの商品はささみソーセージです。

一袋で20~21gのたんぱく質が摂取可能です。

原材料がささみですので脂質の低さは圧倒的です。

ささみですから、ややしっとり感には欠けるものの、味は抜群です!

サラダチキンほど飽きも来ません。

私個人的にはペッパー味が特におススメです。

この脂質・糖質の量なら減量期でもダイエット中でも安心して食べられるでしょう。

 

この商品のデメリットは値段がやや高いという点です。

とはいえ、21gのたんぱく質が200円前後で、なおかつ美味しいというのはコンビニではなかなか買えないでしょう。

さきほども言ったとおりサラダチキンより美味しいのでサラダチキンを230円ほどで買うなら、こちらを買いだめしておくことをおススメします。

 

ウィダーinバー

正直、味はこれがダントツでしょう。

おやつにはぴったりの甘さです。

たんぱく質量に対する価格がやや高いものの、甘いおやつが食べたいという欲求に対してダイレクトに効きます。

 

この商品の最大のデメリットは美味しいから積極的に食べてしまうという点でしょう。

たんぱく質もまあまあ入ってるし食べても大丈夫でしょ!

と油断してはいけません。

脂質がそこそこ含まれますのでたくさん食べるのはやめましょう。

 

ちなみに最もおススメの味はバニラです。

 

番外編 ゆで卵

ゆで卵はおやつとして、そして朝食としても非常に優秀な食材です。

単価も非常に安いです。

黄身に含まれるコリンという成分は脳の働きまで良くしてくれます。

ただし、特に夏の時期は持ち運びの際には保冷バッグに保冷剤を入れるなどして、安全管理に十分気をつけてください。

 

というわけで、いかがでしたか?

私が思う上手なおやつとの付き合い方はまとめ買いをすることです。

そして、出かける際に必ず一つ持っていきます。

外出先でおやつが食べたくなりコンビニによるとついついスイーツコーナーやレジ横のホットコーナーに吸い込まれがちです。

ですので上に書いたようなおやつを常に持ち歩くことでそれを防ぎましょう。

 

では、正しくおやつと付き合って身体作りを続けましょう!

以上シトルリンでした。