モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

最速で筋肉がついてる実感がほしいなら、間違いなくこの組み合わせ。【クレアチン+100%ジュース】

こんにちは、シトルリンです。

 

今日はタイトルどおり最速で筋肉がついている実感が得られる方法を紹介します。

※ただし、あくまで私の見解です。

f:id:citrulline08:20170620002000j:plain

筋トレが長続きするためには、根気も大事ですが、脳が喜ぶ報酬が必要です。

筋トレにおいて報酬はやはり「筋肉がついてきた、成長している」という実感に他なりません。

しかし、初期は使う重量が増えてきても筋肉量、すなわち見た目に反映されにくく、この時期にやめてしまう方が多くいらっしゃいます。

そんな成果の出にくい時期を乗り越える方法を紹介します。

 

それが

クレアチン+100%ジュース」

の組み合わせです。

 

 でははじめにクレアチンについて説明していきます。

クレアチンは、アミノ酸の一種で、体内で合成されています。リン酸塩と化合してすぐに利用できるエネルギー源となるため、パフォーマンスの向上が期待できます。
肝臓や腎臓、膵臓で作られており、およそ95%が骨格筋内、他にも脳や神経細胞にも存在して、絶えずエネルギーを作り出しています。

クレアチンは消費されたエネルギーを補い、素早くエネルギー源として復活する効果を期待できるため、高強度なトレーニングの持続にもつながります。

グリコホームページから引用

クレアチンは効率的にエネルギーを生み出す成分であり、かつパワーの爆発力を持続させてくれる成分と言えるでしょう。

さらに、クレアチンは体内(筋内)に水分を貯留させる作用があります。

ですので、クレアチンが体内に補充されると共に筋肉が大きくなっていくことが実感できるでしょう。

 

クレアチンは実に数多くの研究がなされ、その効果が実証されています。

では、クレアチンはどのように摂取すればいいのでしょうか。

 

クレアチンには以下の2通りの飲み方が存在します。

 

1.毎日3g~5gを継続して摂取する

この飲み方であれば、およそ一ヶ月弱で体内のクレアチンレベルが最大になります

この方法のメリットは1日1回飲めばいいので、忘れにくく続けやすいというポイントが挙げられます。

デメリットは特にありませんが、強いてあげるならクレアチンがマックスになるまでに少々時間がかかるという点です。

 

2.最初の5~7日をローディング期間に充てる

ローディングとはその名の通り、クレアチンを体内に溜め込むという意味です。

ローディング法では最初の5~7日間は20gのたんぱく質を毎日小分けにして飲みます。

朝昼夕夜に各5gといった具合に分けて飲みます。

こうすることでローディング期間が終わったころには、体内のクレアチンレベルは最大まで引き上げられます。

先ほども書いたとおりクレアチンは筋内に水分を貯留させる作用があるので、いつもより意識的に水分をとるようにしてください。

 

この方法なら水分の貯留とクレアチンの効果による筋トレ効果の倍増で1ヶ月経ったころには筋の太さは見違えるように大きくなっていることでしょう。

 

ところで、クレアチンは粉末タイプのものが多いのですが、クレアチンは水に溶けません。どうしても苦手な人以外は粉薬のように水分で流してしまいましょう。

この水分でおススメしたいのが「100%ジュース」ということです。

 

クレアチンは体内のインスリンレベルが高まることでより吸収が高まります。

ですから100%ジュースで流す、あるいは、溶かしてあげることで吸収が格段によくなります。

ちなみに柑橘系はクレアチンが変性するという話もあります。

(私はオレンジジュースと一緒によくローディング期間は飲みますが、問題なく効果を感じます。)

気になる方はりんごジュースやぶどうジュースがいいかもしれません。

 

最後に、さらなる裏技をお教えしましょう。

この組み合わせで間違いなく効果を実感できると思います。

しかし、さらに高めることができないかというあなたのために。

それは、この組み合わせにHMBを摂ることです!

 

クレアチンとHMBの組み合わせの話はまた別の記事とさせていただきますが、

クレアチン+100%ジュース+HMB

の組み合わせは最速で効果を得るためにはうってつけです。

 

ですが!ここで注意していただきたことがあります!

この効果はあくまで、適切な量のたんぱく質を摂取していればという前提ありきです。

これだけ飲めばいいと言う訳ではないことをぜひ忘れないでください。

さすれば、1ヶ月後のあなたはきっと別人になっていることでしょう。

 

以上、シトルリンでした!