モテるカラダの作り方

時間がなくても理想の身体になりたい。そんなあなたのためのトレーニング、栄養戦略、サプリメント、器具を紹介します!

たんぱく質を摂取しよう!

こんにちは。シトルリンです!

 

前回は三大栄養素に関して簡単にまとめました。

 

musclept.hatenablog.jp

 

さて今日はいよいよ栄養素に関する具体的な話をします。

今日は三大栄養素の一つ、たんぱく質がテーマです。

 

たんぱく質を英訳するとprotein、そうプロテインです。

内臓、筋肉、皮膚、爪、髪、酵素、ホルモン、神経伝達物質など身体のありとあらゆるものの構成成分であり、大事じゃないわけがないですね。

 

肉、魚、卵、豆などに多く含まれます。

f:id:citrulline08:20170119231138j:plain

 

たんぱく質アミノ酸という化合物が鎖状につながったものをいいます。

アミノ酸とは窒素を含む化合物のことで、人間が体内で合成できる非必須アミノ酸と、食事やサプリメントからしか摂取できない必須アミノ酸とに分類されます。

アミノ酸は無数に存在しますが必須アミノ酸は20種類のみです。

BCAAというサプリメントを聞いたことがあるかもしれませんが、これは必須アミノ酸のうち、バリン、ロイシンイソロイシンのことを指します。

非必須ですが、僕の名前のシトルリンアミノ酸の一つです(私が人生で飲んだサプリメントの中でもっとも効果を感じられお勧めです!)

 

 

さて、一般的にたんぱく質はアスリートやボディビルダーが摂取するものと捉えられがちです。そのため、女性で摂取がおろそかになりがちです。

しかし、当然女性にも相当重要なものです!

 

先ほども述べたとおり、たんぱく質は人体のありとあらゆるものを構成しているのです。

たんぱく質が不足すると、細胞を作ることができなくなるため、新陳代謝が低下してしまいます。

これによって皮膚や血管の弾力が低下したり、免疫力が低下することもあるのです。

 

たんぱく質の大切さがわかっていただけたでしょうか。

 

ただし、普段ほとんど運動していない人がたんぱく質を長期的に多量摂取すると、腎臓に負担がかかる恐れがあります。

要らないたんぱく質は尿として体外に排出されます。このとき腎臓でろ過作業が行われるのです。つまり、たんぱく質を過剰にとることで腎臓が一生懸命ろ過しなくちゃいけなくなり、腎臓の負担が増えるということになるのです。

 

大事と言ったり摂取しすぎるなと言ったりどっちなんだ!!と思いますよね。

 

普段運動していない人は自分の体重g分はしっかり摂取しましょう。

60kgの人なら60gのたんぱく質です!

 

次に理想のカラダを目指してしっかりトレーニングしている人は筋トレで筋肉が分解され、少し多めにとっても筋肉の修復に使われますので体重の2倍gは摂取してください!

60kgの人なら120gです!

 

しかし、お肉200gでたんぱく質は平均20g程度です(もちろん肉の種類や部位によって違いますが)。

つまり、たんぱく質を60gとるなら600gの肉を食べる必要があるのです。

 

これって結構辛くないですか?

 

120gのたんぱく質なら1200gですよ。

 

そこでプロテインの出番というわけです。

プロテインを有効利用すればお肉をそんなに食べなくてもしっかりたんぱく質をとれます。

 

それでは具体的なたんぱく質の摂取方法やタイミング、プロテインの飲み方、そしておすすめのプロテインなんかもお教えしましょうと言いたいところですが、長くなってしまったので次回にします!

 

ありがとうございました!シトルリンでした!